ウェブエンジニア珍道中

日々の技術的に関する経験を書いていきます、脱線もします。

Dockerで全コンテナを止めて削除するためのコマンド覚え書き

コマンド

docker stop $(docker ps -a -q)

でまとめて止めて

docker rm $(docker ps -a -q)

でまとめて削除できます。

おまけ

docker rmi $(docker images -q)

全イメージを削除できます。

psimages-qオプションでIDだけを取ってこれるので、それを rm(rmi)コマンドの引数に渡してますね。わかってみれば簡単だった。

これで何かいじり倒してるうちに訳がわかんなくなっちゃった時に降り出しに戻れます!

追記

docker system pruneコマンドで同じようなことができました。

docker system prune

で使われてないコンテナを削除。

docker system prune -a

で使われてないイメージを削除できます。

元から掃除できるコマンドがありましたね、便利便利。